虫歯ができたら必ず歯科で治療を受けよう

Web Template

虫歯になってしまったら必ず歯科へ行って治療を受けましょう。
虫歯があるのに歯科へも行かずに虫歯をそのままにしてしまうと虫歯をどんどん進行させてしまいます。



虫歯の進行が進むと小さかった虫歯も大きい虫歯となり、歯に大きな開いてその穴の中に食べカスが詰まってしまい、さらに虫歯の進行を進めてしまいます。


また、虫歯による歯の痛みは、とても耐え難い痛みなので、我慢しようと思っても我慢できる痛みではありません。
市販の薬を飲めば一時的には、痛みは治まりますが虫歯が治る訳でもないので、薬の効果が切れてしまえば、また痛みを感じだしてしまいます。

虫歯の進行がさらに進むと今度は虫歯の菌が顎の骨を入ってきてしまいます。顎の骨に虫歯の菌が入ってくると発熱や激痛などの症状に見舞われてしまいます。



また、顎の骨に入ってしまった虫歯の菌を治すには、顎の骨を削る必要が出てきてしまいます。


ですので、顎が歪んでしまう恐れも出てくるので、そうならないためにも虫歯はできるだけ早く治療することが大切です。


虫歯治療が怖くて歯科へ行くことができないという人は子供も大人もたくさんいます。

ですが、最近の虫歯治療は、無痛治療を行ってくれる場合がほとんどですので痛みを感じることはほとんどありません。



ですので、今まで歯科での虫歯治療が怖くて虫歯を放置してしまっていた人でも安心して治療を受けられるようになっています。また、歯医者独特の消毒の匂いも今では軽減させている場合も多いので、匂いによって恐怖を煽られることもありません。